「草津温泉」の泉質や効能は?湯畑以外の観光スポットは?

みなさんどうも! 

旅・カフェブログ”ゆとりっぷ “管理人のユウキです!

最近は寒さも増してきて「う〜。どこか温泉に行って、温まってリラックスしたいな〜。」なんて思うことはありませんか?

私はよく思います。会社でも隙あらば「温泉行きたい・・・_(:3 」∠ )_ 」と同僚によく呟いています。笑

今回はそんなこれからの寒い季節にぴったりな、温泉地「群馬・草津温泉」についてお伝えしていきます!

他の関東で有名な温泉地である鬼怒川や箱根と比べると、少々離れたところにありますが、東京から直行のバスや電車を使って片道3時間半〜4時間程度で行くことができます!

しかし、草津温泉はそんな移動距離を忘れさせてくれるほど、魅力的で風情がある温泉地なのです!

では早速紹介していきましょう!

草津温泉の訪問人口は県民数より多い!

草津温泉は群馬県の吾妻郡(あがつまぐん)草津町にあります。

もはや「吾妻」よりも「草津」の方が遥かに有名になってしまっていますよね。笑

国内でも有数な温泉地であることは広く知られており、今では年間300万人が訪れます。

年間300万人!…ってどのくらいの規模かイメージできますか??

300万人は東京タワーの年間来場者数と同じだそうです。

ちなみにスカイツリーは年間400万人ほどらしい。

さらにディズニーリゾートは3,000万人を超えるらしい…

もうね、そこまで行くと桁が大きすぎてよくわかんないですね・・・_(┐「ε:)_

まあでも群馬県の人口が197万人なのだから多いのだろう。

きっと・・・。笑

また、『温泉番付なるものもあり、大相撲の番付よろしく日本全国の温泉地をランキングにしたもので、江戸時代の頃からあるそうです。

草津温泉は『東の横綱』になってますね!さすがっす!

今回訪れたのは11月の上旬でしたが、紅葉は見頃は過ぎてしまっていました・・・しかしまだ綺麗なところもあり、十分に紅葉狩りを楽しむことができました。

当日は晴天で最高の観光日和でした。紅葉が映えますね・・・!

ホテルで撮ったよ!

湯畑は岡本太郎デザイン!?

草津には一昨年も行っているのですが、とても魅力のある観光地で何度も訪れたくなるような趣や雰囲気がありますね。

そんな草津温泉を象徴するのがこちら・・・!!

デデン!!

やっぱり草津といえば「湯畑」ですね!

みなさん「草津温泉」と聞けば一番に思い浮かぶのがこの「湯畑」ではないでしょうか?

それほどこの「湯畑」は草津を語る上では避けることができないほど有名な観光名所となっています。

そして、このとめどなく流れる豊富な湯量と緑白色の鮮やかなお湯!

何回も来て何度見ても圧倒されます・・・迫力もさることながら美しさもあるこの「湯畑」。一度見たら草津!と認識できるほどのインパクトがあります。

なんとこの「湯畑」ですが、日本万博の「太陽の塔」やJR渋谷駅にある壁画「明日の神話」で有名な『岡本太郎』氏がデザインされたそうです。

まさに芸術が爆発してますね!!\\\\٩( ‘ω’ )و ////

夜にはライトアップされるのですが、湯煙と相まってとても幻想的な雰囲気となっていました。

本当に『来てよかったなー』と心から思える、草津のNo.1でありOnly 1の王道観光スポットです。

草津温泉の1日の湯量はどのくらい?

草津温泉の湧出量は毎分32,300ℓ以上といわれ、日本一の「自然湧出量」を誇ります。わずか0.5秒で一般家庭のお風呂を溢れさせるほどだそうです・・・

この「自然湧出量」とは掘削やポンプでの組み上げを除いた自噴のみでの湯量だそうですが、「湧出量」のみで見ると大分・別府温泉が87,550ℓで日本一のようです。

それではここで算数の時間です!1日の湧出量を計算をしてみましょう。

毎分約32,300ℓ✖️60分✖️24時間なので・・・

なんと、約46,512,000ℓ/日!!!

全然入ってこない・・・人数もそうだけど湯量もすごい・・・

例として計算しましたが、一般的な200ℓドラム缶なら232,560本、小学校などにある25mプールなら97杯分でした。

恐るべし草津温泉・・・!

草津温泉は強酸性泉!入浴時の注意は?

また、驚くべきはその泉質!!pH値が2.1の強酸性!(湯畑源泉)

pHは昔リトマス紙とかで酸性とかアルカリ性とかやったあれです!

適当ですみません。( ̄∇ ̄)

私が宿泊したホテルの温泉分析書では驚きのpH値1.6でした。万代鉱源泉というやつみたいです。

pH1.6といったらレモン果汁と胃液の間くらいの酸性度です。

あんな翡翠色した綺麗な見た目の裏腹、なかなかえげつない数値叩いてます。笑

ちなみに日本にある温泉で一番酸性度が高い温泉は秋田の「玉川温泉」でpHは1.05だそうです。包丁を入れておくと一晩で無くなるとか無くならないとか・・・もうそれ温泉っていうより劇物じゃん!(´∀`)

改めて日本は広いなーと感じました。気になる方はぜひ秋田へどうぞ!

pH2.0を下回るものは「強酸性泉」と呼ばれており、殺菌効果があるとされています。ニキビや水虫、皮膚疾患、切り傷などによいとされており、アトピー性皮膚炎などへも効果があるそうです。

温泉に入った私の感想なのですが、少しとろみのあるお湯で、入ると数分で肌にチクチクとした刺激を感じました。

刺激により体の痒みが出てきたところでこれ以上長く入っていると良くなさそうな気がしましたので上がりました。笑

そこまで長湯はしない方が良さそうです。短時間の入浴でも十分に温まりました。

やっぱり温泉・それも露天風呂って最高ですね・・・。

もうただただ幸せでした。

初日は湯畑の周りを散策したくらいで、写真を撮ったり温泉まんじゅうを食べたりして過ごしました。

その他に射的屋があったのですが、射的の他にもスマートボールなんかがあって意外と楽しめました。

子供より大人の方が熱中してしまいます!笑

湯もみが体験できる「熱乃湯」には混んでおりいけませんでしたが、貴重な体験ができるので、草津観光で訪れた際にはぜひ!!

また「熱乃湯」館内では毎日午後8時から落語もやってるそうです! 

「湯畑」以外の観光スポットは?

草津というと「え?温泉意外に何かあったっけ?」という感じがしてしまいませんか?

実は自分も、行ってみるまでは温泉に入って『終了!』くらいのイメージをしていました。

しかし調べてみると、子連れの旅行でとても楽しむことができそうな観光スポットが実はあるんです!!

温泉旅行だと子供は退屈しがちになってしまうことが多いと思いますが、温泉で大人がくつろいだあとは、子供に草津を存分に楽しんでもらいましょう!!

草津熱帯圏は湯畑のすぐ近く!

今回は草津の湯畑からほど近くにある『草津熱帯圏』という動植物園に行ってきました。

一見わかりづらいのですが熱帯園ではなく熱帯『圏』です。笑

場所は湯畑の東に位置していて、距離は850mほどで、歩くと12分程度のところにあります。

熱帯圏には20台ほど停められる駐車場も併設されていますので、車でも安心して行くことができます。

図の中心にある湯畑付近の宿などからでしたら多少の坂はありますが、歩いても十分に行くことのできる距離です。お店や街並みをみながら歩いていたらあっという間に着きます。

また西側に位置する西の河原方面からアクセスする場合は、北側の『ベルツ通り』を通って行くと、混雑する湯畑や市街地を通らなくて済むのでオススメです!!

今回は西の河原方面から車で行きましたが、5分程度で到着しました!

草津熱帯圏の見所はなんと言っても園内にある巨大なドームで、温泉の熱を利用して温室にしているそうです。

割引券を持っていくのがオススメ!

まず入り口から入るとチケットの売り場がありそこでチケットを購入します。料金は、

  • 大人:1,100円
  • 高校生:800円
  • 子供:700円

となっていますが、近くのホテルや旅館に置いてある割引券や熱帯圏のホームページにある割引チケットを印刷して持っていくと、

  • 大人:880円
  • 高校生:640円
  • 子供:560円

になるので、伺う際はぜひ割引券を持っていきましょう!大した金額ではないかもしれませんがチリツモです!٩( ‘ω’ )و

チケットです!!デザインもポップで可愛いですね!

ではいざ!

館内ではワニに乗れる!?

入ってすぐ、館内右手には喫茶スペースと水槽がいくつかあり、珍しい魚が展示されていました。

また、ドクターフィッシュ(手足の角質を食べてくれるアイツです)が入っている水槽があり、自由に手を入れたりできるコーナーがあります。

前回来た際は水槽に数えきれないほどたくさんいたのですが、今回は10匹程度になっていました・・・。

『何があったんだ・・・』と思っていると、近くに

【手についたハンドクリームや薬をしっかり洗って落としてから手を入れてください】

との表示があり、恐らくそういうことなのだろうと察しました。( ̄∇ ̄)

あとで調べてみると、このような記事がありました。

・傷があると傷口から水中の細菌が入る可能性があること、またドクターフィッシュが感染症を引き起こす菌を媒介する可能性があります。

・当たり前ですがドクターフィッシュは水中で生きる魚ですので、ハンドクリームなどの薬品で水が汚れると弱ってしまい、最悪の場合は死んでしまいます。

「Pet Pedia」

やっぱり魚にとっては良くないのね・・・もちろん手を洗うことも大事ですが、手足の傷などが無いか、自分の健康状態もしっかり確認してから体験しましょう!

館内には売店コーナーがあり、動物のぬいぐるみやキーホルダー、工芸品のほか、漢方の入った薬用酒やエイの皮やマムシの粉末カプセルなども売っていました。置いてる物の幅広すぎ・・・( ̄∇ ̄)

売店の横には小部屋がありその中には、虫の標本や、蛇の骨、さらにはワニの剥製などが置いてありました!

この剥製は子供でしたら乗ることもできます!

かなりの迫力!

ちなみにこのワニ、この熱帯圏で飼育されていたワニで、『シャムくん』というそうです。タイ出身なんでしょうか?サワディーカーップ(−人−)

昆虫の標本などもたくさん展示されていました!

一度建物の外に出てドームに向かいます。

外には触れる動物が!

園内図。様々な動物がいるみたい。・・・ん??
なんやコイツは・・・!!?
もぐらかな?誰か知ってたら教えてください!

少し歩くと右側に「モンキーパラダイス」と呼ばれるニホンザルの放飼場があり、看板には猿たちの性格なんかも書いてありました。

ボスザルについては「高圧的でご飯を独占するから周りからは嫌われているようです。」みたいなことが書いてあり思わず笑ってしまいました。

仲良く体育座りの2匹。どういう状況?笑

園内図には小さく書いてありましたが、外には他にもウサギの触れ合いスペースがあり、ウサギを触ることができます。

もふ

大人しくてとっても可愛かったです。とても癒されました。(´∀`*)

その他にもヤギや羊、ラマなどもいて楽しめました!動物っていいね!

ラマ。柵をずっと噛んでました。笑

ではいざドーム内部へ!!!

熱帯を再現したドームへ!

中に入ると気温と湿度の差で一瞬でメガネとカメラが曇りましたが、1分ほど経つと曇りが取れてきて視界がクリアになってきました。

このドーム内は温泉の熱を利用している温室になっていて、秋の草津にいることを忘れてしまいそうになるくらいです。

おおーー!!

外からの見た目以上に中は広く、青々とした植物が所狭しと生い茂っていました。良い意味で老朽感もいい味出してます。

ドーム内には熱帯圏の植物の他、蛇やトカゲ、ワニなどの爬虫類、カピバラやミーアキャット・ナマケモノ・オウム・コウモリなどの動物も多数いてかなり見所の多い印象でした。

一部は餌やりもすることができます。

ワニもかなりの種数・頭数がいました!
フラミンゴなんかも!

この草津熱帯圏ではワニやカメ、ヘビなどそれぞれ様々な種類が飼育されており、見ていてとても楽しいです!

そんな多数の動物がいる中、特に気に入ったのがこちら・・・!

『ピグミーマーモセット』です!!

ひえーーー。可愛い・・・_(┐「ε:)_

大きさは長い尾(約20cm)を省くと体長はわずか11- 15cm程度で、20年ほど前までは世界一小さいサルとして知られていました。今ではピグミーネズミキツネザルが最小のようです。

でも可愛さでは一番だと思います。(個人の感想)

また、中にも触れ合いスペースがあり、ハムスターやヒヨコを触ることができます!

ハリネズミも触れるようでしたが、隠れてしまっていて触れませんでした。

ヒヨコも可愛いなーー。

ドームの中の通路は一本なのですが、入り組んでいてとても見応えがありました!小一時間は滞在していたと思います。

まとめ

今回は「草津温泉」の泉質についてや、様々な動植物と出会える動植物園「草津熱帯圏」を紹介しました!

「草津熱帯圏」ではドームの外にもいろいろなスポットがありとても満足感があり、草津温泉に来た際にはぜひ行っていただきたいと思うほどおすすめです!!

触れ合える動物もたくさんいて、お子さんにはとても喜ばれると思います!

もちろん子供だけではなく、大人もとても楽しめますよ!!・:*+.\(( °ω° ))/.:+

草津温泉に限らず温泉はやっぱり非日常が味わえて良いですね。心も体もリフレッシュできます。

次の旅もお楽しみに!

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました!

ではまた!!_(┐「ε:)_

最新情報をチェックしよう!

〔国内旅行〕の最新記事8件