天然水で8時間掛けて抽出した水出しコーヒーが飲める!福島・喜多方 「珈琲専門店 煉瓦」

みなさんどうも!旅・カフェブログ”ゆとりっぷ “の管理人ユウキです!

今回はいつもの栃木・益子から離れて、福島県喜多方市にあるカフェについて紹介したいと思います。

喜多方と聞くとまずはじめに思い浮かぶのは「喜多方ラーメン」だと思いますが、実は「蔵の町」としても有名です!

酒蔵や貯蔵庫としての蔵が町中至る所で見られるこの喜多方は、レトロで昔懐かしい建物が多く立ち並ぶ風情のある町なんです。

そしてそんな蔵や古民家を活用したカフェやレストランが多く存在します。

今回紹介するのは「珈琲専門店 煉瓦」

カフェというよりは純喫茶になりますが、とても美味しいコーヒーとレトロな雰囲気が味わえるお店となっています。

では早速どうぞ!!

お店はJR喜多方駅から徒歩30秒!!駐車場は4台あり!

やってきました!福島・喜多方!

写真はJR磐越西線の「喜多方駅」。レンガ作りの駅舎で趣がありますね・・・

そして、喜多方駅から「徒歩30秒」で行けるところが今回紹介するカフェになります!!

駅の目の前の道を渡ってすぐのところにあります。本当に目と鼻の先ですね!

「珈琲専門店 煉瓦」の看板が出ていて、建物もレンガ造りなのですぐにわかります。

この建物は明治初期に米蔵として建てられ、昭和51年から喫茶店として営業を開始しています。

建立時期と比較すると営業開始は浅いですが、それでも約45年前から営業しているなんて・・・とても歴史のあるお店ですね。

また冬なので写真ではわかりづらいですが、建物は「蔦」で覆われていて、四季によりいろいろな表情を見せてくれるのがこの喫茶店の楽しみの一つでもあります。

ちなみにこのレンガ造りの建物は近代化産業遺産として「重要文化財」の指定を受けています!

その中でゆっくりコーヒーが飲めるというのは貴重な体験では無いでしょうか?

お店の隣には周辺のお店との共同駐車場が設けられており、煉瓦さんは4台分が割り振られているようでした。

営業時間は?

営業時間は7:00〜17:00までとなっていました。

喜多方には朝からラーメンを食べる「朝ラー」文化があるためか、カフェも早くから営業しているようですね。

定休日は不定休となっていますが、伺った12月30日は通常通り営業されていました。

このお店の一押し商品はこだわりの「ダッチコーヒー(水出しコーヒー)」

お店の入り口にはこのお店の有名な「ダッチコーヒー」の立て看板が!!

日本百名山にも数えられる飯豊山から湧き出る天然水を使用して、8時間もの時間を掛けて丁寧に抽出した水出しの「ダッチコーヒー」。

冬の寒い時期に「水出しコーヒーか・・・」と思われるかもしれませんが、

なんとここのお店では、このコーヒーをホットで出してくれるんです!

寒い時期には嬉しいですね。

店内に入ると外観からのイメージ通りで、レトロな内装となっていました。

カウンターテーブルの上には大きなウォータードリッパーが二つ置いてありました。抽出しているところは見られず残念でしたが、こういった雰囲気を味わえるだけでも十分満足です。

店内の席数と混雑状況は?

店内には4人掛けのテーブルが7つとカウンター席が6席あり、合計で34席となっていました。

また混雑状況ですが、11時頃に伺ったのですがテーブル席はほぼ埋まっているような状況でした。写真はお客さんが出て行ったタイミングで撮っています。

カウンターには2人くらいのお客さんがいるくらいで空きはある状況でした。

混雑度を表すとしたら70%ほどでは無いでしょうか?昼時ということもあって人の入りは結構ありました。

メニュー紹介

メニューについてはさすがの珈琲専門店とだけあって、ストレートでもかなりの数がありますね。

他にもソフトドリンクやトースト・サンド、デザートなどもあり、腹ごしらえも十分できそうです。

今回はもちろん「ダッチコーヒー」500円と「レアチーズケーキ」300円を注文しました。

先ほど少し紹介しましたが、とても手間が掛かっている「ダッチコーヒー」が500円で飲めてしまうのは正直驚きで、かなり楽しみです。

純喫茶ならでは!全席喫煙可!Wi-Fiはなし。

昨今様々な飲食店では健康志向の高まりから「分煙・禁煙」のお店が増えていて喫煙ができるお店も減少傾向にあると思います。

ですが、この「珈琲専門店 煉瓦」では全席喫煙可となっています!

喫煙家の方にはとてもありがたい部分になるのかなと思います。

喫煙ができるという部分も、純喫茶の雰囲気としての一部でもあるとは思うので、個人的にはこういう文化は残していって欲しいなと感じました。

Wi-Fiは使えませんでした。

気になる「ダッチコーヒー」のお味は?

到着しました!「ダッチコーヒー」。

水出しなのにホットで飲めるのは良いですね。ではいただきます!

口に入れた瞬間に広がる華やかな香りと酸味、そして後から力強い苦味がきて深い余韻が残ります。面白いですね。

普段家で飲むインスタントやドリップのコーヒーとは全然違う味わいです。

砂糖も普通の白砂糖の他にコーヒーシュガーの2種類が用意されていて良いですね。

次に「レアチーズケーキ」をいただきました。

ケーキに生クリームが乗っているだけで、本当にシンプルな見た目となっていました。

フォークを入れるとスッと入る柔らかさで、口に入れるとレモンの爽やかさの後にチーズのクリーミーさが広がっていき一瞬で溶けるように無くなっていきます。

軽い口当たりでどんどん食べ進められるので、朝方のコーヒーブレークにとても合う良いデザートでした。

まとめ

今回は福島県・喜多方市にある「珈琲専門店 煉瓦」さんに伺いました。

重要文化財の建物と昭和の雰囲気が色濃く残る店内で、タイムスリップしたかのようなひとときを味わえました。

コーヒーもデザートもとても美味しく、より一層リラックスすることができました。

そしてこだわりの「ダッチコーヒー」はこのお店に来たら注文することをオススメします!

手間ひま掛けたこだわりのコーヒーが500円で味わえるというのは正直驚きました。

喜多方に来た際には是非伺ってみてください!

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました!!

ではまた!!_(┐「ε:)_

関連記事

みなさんどうも!カフェ・旅ブログ"ゆとりっぷ "管理人のユウキです!みなさんも仕事で疲れている時など、『自然の中にある静かなカフェでリラックスしたいなー。』なんて思うことはありませんか?私も仕事に行き詰まると、仕事[…]

最新情報をチェックしよう!